シワの種類と予防法・表皮じわと真皮じわ

シワは消すことが出来るのでしょう

加齢によりシワが出来るのはある程度しかたのないことですが
出来るならいつまでもシワのないスベスベお肌でいたいですよね!

 

シワ

 

シワの種類も小じわから大じわまで種類がいくつか有ります。
出来てしまったシワを消すのは難しいし いくらお手入れをしても
消せないシワも有ります。

 

乾燥ジワと呼ばれるちりめんジワは 保湿をしっかりすれば
比較的短期間で消えてくれます。

 

真皮まで到達したシワを消すことは無理ですが 適切な
お手入れを続ければ 多少は改善できます・・・。

 

ただ真皮が生まれ変わるのに要する時間は4〜5年も
掛かるということです。

 

根気強いお手入れが必要になって来ますし、その間老化も
進んでしまいますので 思うような効果は上がらないかも知れません。

 

ですが 少しでもシワの進行を遅らせるためにも 日頃からの
シワのお手入れは大切ですよね。

 

効果はすぐには現れませんが 将来のシワの数を少しでも
減らすため シワの種類別お手入れ法と予防法まとめてみました。

 

シワが出来易い部分

 

目元

目元は目を閉じたり開いたり、笑ったり動きが激しく
皮膚が薄く弱いのでしわが出来やすい部分です。
30代になるとカラスの足跡、目尻のシワが気になり始めますよね!

 

頭皮がたるむと額のシワが深くなってしまいます。
髪を結う時、頭皮を引っ張り過ぎるとたるみの原因に
なってしまいます。

 

眉間

しかめっ面ばかりしていると眉間にシワが寄ってしまいます
また老眼など目が見えにくくなるとどうしても 眉間にシワを
寄せてしまいますよね。

 

口元

煙草を吸う人や歯周病などになると 歯茎が痩せて
口元に細かいシワが出来やすくなります。

 

小じわの原因はお肌の乾燥が原因ですがクッキリ刻まれた
真皮ジワはお肌の老化、紫外線が一番の原因なんです。

 

ちりめんジワと呼ばれる表皮じわ

 

シワ

ちりめんジワ、別名乾燥ジワと呼ばれる浅くて細かいシワで皮膚の一番上の部分表皮の外側の角層に出来るシワで肌の保湿力が低下した時に子供にでも現れるシワです。

 

目元の小じわや目の下のちりめんじわなどは、乾燥による小じわの代表例で保湿ケアで消すことが出来るシワです。

 

ちりめんジワ対策

保湿

セラミド配合など保湿効果の高い成分が配合されたの
美容液で角質に水分を与えクリームなどで油分をプラスします。

 

シワ

最近はホットアイマスクなどが販売されていますが夜お手入れの後 アイクリームをつけて当てて寝ると 翌朝は肌がふっくらしてちりめんジワに効果的です。

 

温めることで美容液の吸収も良くなり血行が良くなるからか目の周りのくまや瞼の腫れにも効果があります。

 

マッサージ

入浴中に湯船に使って 軽くマッサージをして血行を
良くするのもおすすめです。

 

ピーリング

乾燥が酷いと肌のバリア機能を高めようと角質が肥厚し
皮膚が硬くなり小じわが目立ってしまうことが・・。

 

角質が肥厚すると美容液やクリームなどの浸透も悪くなって
しまいます、ピーリングや酵素洗顔で古い角質を取り除き
化粧品の浸透を良くすることも一案です。

 

栄養補給

肌を作るタンパク質、ビタミン、動物性の良質なタンパク質と
大豆製品など植物性蛋白質をしっかり摂るようにします。

 

ちりめんジワ予防

ちりめんジワを予防するには 普段からの保湿ケアと
紫外線対策が大切です。

 

お肌のハリや潤いを保つエラスチンやコラーゲンは 数分間
紫外線を浴びることで繊維が破壊され修復できなくなってしまいます。

 

ちりめんジワと思っていても放おって置くと気づかないうちに
本物のシワに移行してしまいます。

 

ちりめんジワ大じわに関係なく シミ・シワ予防、お肌の
トラブル防止には保湿と紫外線対策を徹底させることが
重要です!

 

ロスミンローヤルとロスミンリペアクリーム>>

深く刻まれた真皮ジワ

更年期に入るとシミもですがシワやたるみも急に目立ち
始めますよね!

 

真皮シワの原因

真皮シワ、大じわの原因は真皮にあるコラーゲン繊維などが
弾力を失い癖がついてしまい元に戻ら無くなってしまうから・・。

 

真皮シワ、大じわの原因は真皮にあるコラーゲン繊維などが
弾力を失い癖がついてしまい元に戻ら無くなってしまうから・・。

 

シワ

 

その原因は紫外線の影響もですが女性ホルモンの分泌低下
による細胞の老化が影響しています。
真皮ジワ(大じわ)少しでも防ぐ方法は無いのでしょうか!?

 

真皮シワの予防法

 

UVケア

まずは紫外線によるコラーゲンの変性を防ぐため
UVケアを徹底することです。

 

エイジングケア化粧品

またコラーゲンの量を増やす作用のあるレチノールや
ビタミンC誘導体などが配合されったた化粧品での
お手入れをおすすめします。

 

コラーゲン摂取

それからコラーゲンを経口摂取しても効果はないと
一時言われていましたが テレビの実験では
効果が確認されていましたよね^^

 

ロスミンローヤルの服用と併せて摂取すると相乗効果が
得られます。

 

コラーゲンは 毎日続けるよりも1週間置き位で 
摂取したほうが効果が上がるとのことです。

 

ドリンク剤等でコラーゲン補給する場合は 1週間
飲んだら 1週間休むようにしたほうが効率的です。

 

エイジングケアサプリメント

プラセンタサプリメント、プエラリアなど女性ホルモン不足を
補うとされるサプリメントの服用も エイジングケアには
効果があるようです。

 

首のシワ

老化とともに気になるのが首筋のシワ、手の甲と首のシワは
年齢を隠せないといいますよね。

 

首のシワが目立つのは 老化のせいだけでなく 元々の
骨格による影響も大きく クリームをいくら塗っても
あまり意味はありません。

 

首のシワが気になりマッサージで引っ張ると余計に
シワが出来やすくなるので注意したほうが良いです。

 

顔だけでなく首筋、手の甲、肘やかかとの乾燥で
お悩みの方はロスミンローヤルを服用してみてください。

 

体全体がしっとりもっちりになり シワシワ粉ふき肌と
サヨナラできますよ♪