シミ・シワ・たるみ・肌荒れは身体の栄養不足が原因かも!?

肌には身体の健康状態がそのまま表れます。

シミ・シワ・たるみ、ニキビや肌荒れ、化粧品でいくらお手入れ
しても良くならない肌トラブル 肌には身体の健康状態が表れます。

 

しみしわたるみ

もしかして偏った食事や無理なダイエットで 身体が栄養失調になり お肌も栄養不足になっていませんか!?

 

どんなに高価な化粧品でお手入れしても ロスミンローヤルを毎日ちゃんと服用していても 若々しく美しいお肌のためには バランスの取れた毎日の食事が大切です。

 

体に必要な栄養摂れていますか?

若々しく健康なお肌のためにはビタミン・ミネラル・抗酸化物質を
ちゃんと摂るのが効果的だと研究でも確認されています。

 

お肌のために是非摂りたい栄養素

シリカ

シリカは筋肉、腱、髪、靭帯、爪、軟骨、骨など身体の結合
組織を強化する 皮膚の健康に不可欠なミネラルです。

 

必要量はごく微量ですので ちゃんと食事を摂れていれば
不足することはないのですが 偏った食事や無理なダイエットを
続けていると不足してしまいます。

 

シリカが不足するとは肌は弾力を失い 肌のターンオーバーも
低下するし つめや髪の毛も元気を失います。

 

シリカ不足に摂りたい食品

ニラ、緑豆、ガルバンゾ豆、イチゴ、キュウリ、マンゴー、セロリ、
アスパラガスなど スギナ(つくしん坊が成長したもの)にも
多く含まれています。

 

亜鉛

育毛剤やニキビの治療に使用される亜鉛ですが 亜鉛不足が
ニキビや肌荒れを誘発するのではと言われています。

 

亜鉛はホルモンバランスを整え皮脂の分泌をコントロールする
働きがあります。

 

亜鉛不足に摂りたい食品

新鮮なカキ、カボチャの種・ショウガ・ピーカンナッツ・ブラジルナッツ・
オート麦・卵など

 

オメガ3脂肪酸

 

乾燥肌、肌荒れにはオメガ3脂肪酸がおすすめです。
オメガ3系の油には 血液をサラサラにし 細胞をしなやかに
する作用があり 肌の保湿力を高める効果もあります。

 

またアレルギー症状の改善にも効果的と言われています。

 

コンビニ弁当・ファーストフード、インスタント食品、サラダ油などに
使われる大豆油・マヨネーズなどのオメガ6系の油脂は アレルギー
促進や炎症促進、血栓促進作用があります。

 

現代人の食生活は オメガ6系の油脂のとり過ぎで オメガ3系の
油脂が不足気味ですので 意識してオメガ3系油脂を摂るように
心がけましょう。

 

オメガ3不足を補う油脂

亜麻仁油、えごま油、チアシードオイル、鮭・サバ・イワシなど
青背の魚の油(DHA・EPA)

 

セレン

セレンは優れた抗酸化力を持つ栄養素で コラーゲンや
エラスチンが酸化して劣化するのを防いでくれます。

 

紫外線や酸化物質のストレスをから細胞を守り皮膚がん 
乳癌へのリスクを低減する効果もあるのではと言われています。

 

セレン不足に摂りたい食品

小麦胚芽・マグロ・サーモン・にんにく・ブラジルナッツ・卵玄米など
ブラジルナッツ1日2〜3粒食べるとセレン不足が解消されます。
ブラジルナッツは Amazonなどで 購入できます(*^_^*)

 

ビタミンC

シミのお手入れにはお馴染みのビタミンCは紫外線・有害物質
などで発生する活性酸素をやっつけてくれる強い味方です。

 

喫煙されている方はタバコ1本で失われるビタミンCは25mg
と言われています。

 

厚労省によれば、成人の所要量(必要量)は100mg/日、
喫煙者は135mg摂取する必要があると言われています。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成にも不可欠な栄養素で
水溶性ですので摂りすぎても 害はありませんので 多めに
摂りたいですね!

 

ビタミンC不足におすすめの食品

アセロラ、ピーマン(赤・緑)、グアバ、ケール、パセリ、カブ、
ブロッコリーなどに多く含まれ 朝昼晩みかん1個食べると
良いみたいです。

 

出来るだけ食事から摂ったほうが良いですがサプリメントで
補う場合は ローズヒップ配合のネイチャーメイドがおすすめです。

 

シミ・シワにはビタミンEと一緒に摂るのがおすすめです!

 

ビタミンE

ビタミンEは肌の乾燥や肌荒れを緩和し シワの発生を軽減
させる効果があります。

 

ビタミンCと同じく紫外線のダメージから お肌を守る抗酸化力を
持つ 栄養素です。

 

ビタミンE不足に摂りたい食品

小麦胚芽油・ヒマワリの種子、ベニバナ・ヒマワリ油・アーモンド・
ホウレンソウ・モモ・プルーン・トマト・キャベツ・アスパラガス・アボカド。

 

長生きのご老人がよく食べる食品にキャベツがありましたが
茹でキャベツにして 食事の前に食べると ダイエットにも
効果的です(*^_^*)

 

ビタミンEは脂溶性ビタミン、サプリメントでの過剰摂取は
かえって体によくありませんので 食品で摂るのがおすすめです。

 

ビタミンA

ビタミンAは肌のターンオーバーを促進、不足すると乾燥して
肌荒れしやすくなります。

 

ニキビや皮膚病の治療にも局所的に使用されます。

 

ビタミンA不足に摂りたい食品

レバー・唐辛子・タンポポ・ニンジン・アプリコット・コラードグリーン
(キャベツの中間)・ケール・サツマイモ・ホウレンソウ

 

ビタミンAを過剰摂取すると 肝臓に蓄積され健康を害する
恐れがありますので 天然の食品から補給するようにしましょう。

 

サプリメントで摂取する場合は 身体の中で必要量だけビ
タミンAに変換されるβカロチンを摂取するのがおすすめです。

 

スキンケア成分に注意する

市販されている化粧品の多くは 高い安いに関係なく
ほぼ全てに 肌に良くない成分が配合されています。

 

石油系の成分をさけ いろいろな化粧品を重ね付け
せず スキンケアは出来るだけシンプルにするのがおすすめです。

 

高価な化粧品でお手入れするより 安くても自分のお肌に
合った 化粧品を見つけ 身体の健康の方に 目を向けた
ほうが お肌の健康にはおすすめです。

 

シミ・シワ・たるみ・肌荒れは身体の栄養不足が原因かも!?関連ページ

血管年齢を若返らせる食品
血管年齢に深い関わりのある脂肪酸、悪玉トランス脂肪酸はコレステロールを増加させる作用があります。血管の若さを保つ脂肪酸の摂り方を解説。
イボコロリでシミを消す方法?
イボコロりでシミを消す方法のブログを見つけました(*_*). イボコロリをシミの部分に つけると白い膜ができてシミの部分が赤黒くなり かさぶたが出来て 1週間位でかさぶた が剥がれて シミが取れるそうです。
ヒートショックプロテインで若さを保つ方法
美しい美肌を保ち続ける美魔女の謎でも紹介された 『ヒートショックプロテイン』 美容に 関心のある方ならどこかで一度は聞いた事のある言葉だと思います。
美肌を保つ7つの方法で若々しいお肌を保つ秘訣
美肌を保つ7つの秘訣なるものが紹介されていました。年齢肌が気になる方、いつまでも 若々しいお肌を保つ秘訣実践してみませんか!?
きれいな背中を手に入れる毎日の背中ケア
夏が近づくと背中のお手入れも気になります。本当は一年中気をつけなくてはいけない のですが、きれいな背中を手に入れるための毎日の背中ケアまとめてみました。
糖化とは?糖化の症状と防ぐ方法
肌老化の一因と言われる糖化、糖分の摂り過ぎで起こると言われていますが糖化とは 一体どんな症状でどんな影響があるのか糖化を防ぐ方法など調べてみました。
年齢肌「おば肌」をストップさせる4つの習慣
年齢肌、「おば肌」をストップさせる4つの習慣という記事で働く女性たちがおば肌ストップ のために日々実践していることを調べてみたそうです。
酸欠肌、血行不良でターンオーバーが乱れていませんか!?
肌の老化、年齢だから仕方ないそう思いがちですがもしかして酸欠肌になっているの かも!?酸欠肌とは血行不良によってターンオーバーが乱れたお肌の事、酸欠肌の 解消法!
エクオール産生菌イソフラボンの効果が出る人出ない人
女性ホルモンと同じ働きを持つには大豆イソフラボンのひとつダイゼインからエクオール を作り出せる腸内細菌を持っている人に限られるそうなんです。
ビタミンCを朝摂るとシミになるって聞いたことがありませんか
ビタミンCを朝摂るとシミになるって聞いたことがありませんか?それにはちょっと誤解が有るみたいなんです。
シワ、たるみと喫煙の関係
喫煙は毛細血管を収縮させシワ、たるみに拍車をかけます。
シミ・くすみ、透明肌を作る蒸しタオルスキンケア
年齢とともにくすみがちなお肌、シミ・くすみケアに蒸しタオルスキンケア、朝の洗顔の代わりに試してみては?