エクオール産生菌イソフラボンの効果が出る人出ない人

エクオール酸性菌ってご存じですか!?

ロスミンローヤル成分

 

女性ホルモンと似た働きがあると人気の大豆イソフラボン、実はこの大豆イソフラボン、女性ホルモンと同じ働きを持つには大豆イソフラボンのひとつダイゼインからエクオールを作り出せる腸内細菌を持っている人に限られるそうなんです。


 

大豆イソフラボンを摂取しても効果が出る人出ない人が
いるとテレビで放送され話題になっています。

 

大豆製品をせっせと摂っていたので ショックを受けちょっと
詳しく調べて見ました。

 

エクオールとは

大豆イソフラボンには、ダイゼイン・グリシテイン・ゲニステイン
3種類があります。

 

そのなかでダイゼインだけが、腸内細菌によって代謝され
エクオールへと変化します。

 

エクオールの効き目(活性)自体は、エストロゲンの100分の
1から1000分の1ととても僅かです。

 

ですがエストロゲンが足りない時に、その信号を受け取る
エストロゲン受容体にエクオールがはまり込み、エストロゲンの
代わりに肌や骨、血管や脳などを守る作用を発揮します。

 

またエストロゲンが過剰にある時はエストロゲンの作用を
和らげる役目もしてくれるありがたい存在です。

 

エクオールは更年期症状を改善

複数の更年期女性の尿でダイゼイン・ゲニステイン・エクオールの
量を測定した結果、ダイゼイン・ゲニステインの量は殆どおなじでした。

 

ところが更年期症状の重い女性はエクオールの量が
明らかに少いという結果がでました。

 

そこで更年期の症状に深く関わっているのは大豆イソフラボンの
なかでもダイゼインの代謝物エクオールだということが解明されて
来たんだそうです。

 

そのエクオールを作り出せる腸内細菌を持つ日本人はおよそ
2人に1人、日本人の半数はイソフラボンを摂取しても効果を
あまり期待できないかもしれません。

 

エクオールを作れる人作れない人

欧米人でエクオールを作れる人は20〜30%、食生活の
違いが関係しているようです。

 

なので日本人でも 食の欧米化により 若い人は欧米人の
数値に近くエクオールを作れない人が増えているそうです。

 

エクオール菌を持っている人

エクオール菌を持っている人は大豆製品をよく摂っている人に
多いことから大豆製品を毎日食べるようにすることが大切な
要素で下記のような研究結果があります。

 

日本人の場合
緑茶をよく飲む
煙草を吸わない
乳製品をあまり摂取しない

 

欧米人の場合
ベジタリアン
魚油を多く食べている人

 

以上のような研究結果が出ています!

 

乳製品をあまり摂らないの項に、少し驚いたのですが牛乳は
製品化される時点で加工され 過酸化脂質が発生し殺菌で
酵素も何もかも死滅しているわけですので 何となくうなずけます。

 

昔の日本人の食生活に近い人はエクオール菌を持っている
可能性が高いかもしれません。

 

エクオールの効果

エクオールを作れる人は骨密度が高い
シワの進行が遅い
更年期症状が軽い

 

あなたはエクオールを持っているでしょうか!?

やはり女性ホルモンと同じような働きがあるようで更年期症状の
重かった私は多分エクオール菌を持っていないように思えます。

 

エクオール菌を持っているかいないかを調べる検査キット
「ソイチェック」がアマゾンで販売されています。

 

ソイチェック

 

「ソイチェック」はエクオールがつくれているかどうかを尿で簡単に
調べることができる郵送検査キットです。

 

費用は4.000円と少々高めですが 気になる方はソイチェックで
検索してみるのも良いですね。

 

結果エクオール菌を持っていない場合はエクオールサプリメントや
腸内細菌を活性化させる乳酸菌サプリ、イソフラボンを吸収しやすく
したサプリメントなども販売されています。

 

エクオールサプリメント、ロスミンローヤルのライバル品のようにも
思えますが 効能はまた別ですので出来たら一緒に摂ると相乗効果が
期待できそうです^^

 

女性にとって エストロゲンの働きはとても重要、いつまでも若々しく
老けない人は エクオールがたっぷり作れているんでしょうね。

 

エクオールとはイソフラボンの効果が出る人出ない人関連ページ

血管年齢を若返らせる食品
血管年齢に深い関わりのある脂肪酸、悪玉トランス脂肪酸はコレステロールを増加させる作用があります。血管の若さを保つ脂肪酸の摂り方を解説。
イボコロリでシミを消す方法?
イボコロりでシミを消す方法のブログを見つけました(*_*). イボコロリをシミの部分に つけると白い膜ができてシミの部分が赤黒くなり かさぶたが出来て 1週間位でかさぶた が剥がれて シミが取れるそうです。
ヒートショックプロテインで若さを保つ方法
美しい美肌を保ち続ける美魔女の謎でも紹介された 『ヒートショックプロテイン』 美容に 関心のある方ならどこかで一度は聞いた事のある言葉だと思います。
美肌を保つ7つの方法で若々しいお肌を保つ秘訣
美肌を保つ7つの秘訣なるものが紹介されていました。年齢肌が気になる方、いつまでも 若々しいお肌を保つ秘訣実践してみませんか!?
きれいな背中を手に入れる毎日の背中ケア
夏が近づくと背中のお手入れも気になります。本当は一年中気をつけなくてはいけない のですが、きれいな背中を手に入れるための毎日の背中ケアまとめてみました。
糖化とは?糖化の症状と防ぐ方法
肌老化の一因と言われる糖化、糖分の摂り過ぎで起こると言われていますが糖化とは 一体どんな症状でどんな影響があるのか糖化を防ぐ方法など調べてみました。
年齢肌「おば肌」をストップさせる4つの習慣
年齢肌、「おば肌」をストップさせる4つの習慣という記事で働く女性たちがおば肌ストップ のために日々実践していることを調べてみたそうです。
酸欠肌、血行不良でターンオーバーが乱れていませんか!?
肌の老化、年齢だから仕方ないそう思いがちですがもしかして酸欠肌になっているの かも!?酸欠肌とは血行不良によってターンオーバーが乱れたお肌の事、酸欠肌の 解消法!
ビタミンCを朝摂るとシミになるって聞いたことがありませんか
ビタミンCを朝摂るとシミになるって聞いたことがありませんか?それにはちょっと誤解が有るみたいなんです。
シワ、たるみと喫煙の関係
喫煙は毛細血管を収縮させシワ、たるみに拍車をかけます。
シミ・シワ・たるみ・肌荒れは身体の栄養不足が原因かも!?
シミ・シワたるみ、肌荒れ お肌の不調は身体が栄養不足になっているのかも?毎日の食事、見直してみませんか!?
シミ・くすみ、透明肌を作る蒸しタオルスキンケア
年齢とともにくすみがちなお肌、シミ・くすみケアに蒸しタオルスキンケア、朝の洗顔の代わりに試してみては?