シミ治療後の紫外線対策にもロスミンローヤル

シミのレーザー治療とはどんなもの?

長いこと居座り続け濃ゆくなってしまったシミはロスミンローヤルの
服用と美白化粧品でのお手入れでも消すのは難しいです。

 

そんな場合レーザー治療は紫外線が原因の老人性色素斑、
ソバカス、脂漏性角化症などのシミに有効です。

 

レーザーはメラニンを多く含むシミの部分にだけ吸収され、
その部分に軽い火傷を起こし、かさぶたになって取れる仕組みです。

 

費用は1cm位のシミで3000円〜10000円で1回の照射で
取れるシミ、2〜3回の照射が必要なシミもあります。

 

レーザー治療の経過

レーザーはメラニン色素を除去します。
メラニン色素をつくるメラノサイトまで破壊するわけではありません。
(メラノサイトを破壊してしまうと、脱色してしまいます)

 

レーザー照射後、シミは一度濃くなりかさぶたになって
剥がれ落ちピンク色の新しい皮膚が現れます。

 

その際欠損した皮膚を補うために細胞が活性化して新しい
皮膚をつくりますが、面倒なことにメラノサイトも一緒に活性化
してしまいます。

 

ですのでいつも以上に紫外線や刺激から守る対策をしないと、
新しくシミができやすくなり 下手をすると治療前より酷くなって
しまう場合もあるそうです。

 

お年寄りが老人性のシミをレーザー治療すると予後は良好ですが
50歳くらいまでの人だと炎症後色素沈着を起こす人がかなりの
確率でいるそうで ホルモンの影響も関係ありそうです。

 

レーザー治療後のお手入れ

レーザーを当てた後はいつも以上に紫外線対策をしっかりし
日焼けをしないよう気をつけること、ロスミンローヤルの服用と
合わせて UVクリーム、美白化粧品でしっかりお手入れして下さい。

 

またレーザー治療はケロイド体質の方は注意が必要です。
美容クリニックでの施術でも失敗することはあります
信頼できるクリニックを選びましょう。

 

老人性色素斑、脂漏性角化症は液体窒素治療がおすすめ

シミの治療と言うとレーザー、ハイドロキノンがすぐ頭に浮かびますが
老人性色素斑、脂漏性角化症は 液体窒素で焼くのも有効です。

 

私の友人が皮膚科で治療してもらったのですが きれいに
取れて再発もしていません。

 

美容外科、美容皮膚科でレーザー治療を考える前に
近くに信頼できる皮膚科があったら 一度相談してみると
良いかもしれません。

 

私もホクロとイボを取ってもらった事がありますが
保険適用できれいに取れました。

 

シミの種類もいろいろありますので信頼できる腕の良い
お医者さんを見つけるのが一番かと思います。

 

濃くなってしまったシミを消すのはなかなか大変です
ロスミンローヤルの服用と美白化粧品でのお手入れで
薄いシミなら消すことが出来ますので 一日も早くお手入れを
はじめて下さい。