ロスミンローヤルの成分と効能効果

ロスミンローヤル成分一覧

ロスミンローヤルには漢方の生薬とローヤルゼリーを始め
22種類の有効成分が配合されています。

 

ロスミンローヤル9錠中の成分・分量

 

ローヤルゼリー 50mg

病気予防・改善や美容・アンチエイジング

 

カルニチン塩化物 50mg

身体の代謝に欠かせない成分

 

L-システイン 160mg

メラニンの生成を抑えたり代謝を促す作用

 

安息香酸ナトリウムカフェイン 100mg

眠気、倦怠感、片頭痛の緩和

 

DL-メチオニン 100mg

脂質代謝に影響して 肝機能の維持

 

グリチルリチン酸一アンモニウム 10mg

抗炎症作用

 

アスコルビン酸(ビタミンC) 180mg

抗酸化作用、美白作用

 

トウキ末 100mg

冷え症や月経不順を改善

 

ビタミンE散(50%) 50mg

抗酸化作用・生活習慣病の予防

 

シャクヤク末 200mg

女性の血の道症に

 

チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) 10mg

糖質をエネルギーにかえる働きと
皮膚や粘膜の健康維持を助ける

 

ブクリョウ末 150mg

情緒不安定や動悸・不眠など更年期の症状

 

リボフラビン(ビタミンB2) 10mg

脂肪燃焼ビタミン・美肌効果

 

ソウジュツ末 150mg

慢性胃炎、胃腸炎、胃下垂、下痢、手足の冷え、貧血
身体の疼痛、妊娠時のむくみ

 

ニコチン酸アミド 30mg

皮膚や粘膜を正常にたもつ働き

 

タクシャ末 100mg

生理不順、高血圧

 

パントテン酸カルシウム 15mg

皮膚を正常にたもつ働き

 

センキュウ末 100mg

自律神経失調症

 

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 5mg

たん白質の代謝や脂質の代謝

 

ハンゲ末 100mg

理気・止嘔・去痰

 

シアノコバラミン(ビタミンB12) 5μg

ヘモグロビンの合成を助ける補酵素、
ボケ防止にも

 

ニンジン末 100mg

冷え症・胃腸虚弱・疲労・体力低下
記憶力減退・性機能低下

 

 

ロスミンローヤル成分

ロスミンローヤルはシミ・しわに効くだけでなく 血行不良・更年期の体調不良や栄養バランスの改善にもおすすめのお薬です。

 

血行を良くすることでシミ・シワ改善効果が期待できる、ロスミンローヤルの配合成分、名前も知らなかった成分もありどんな効き目があるのか知っていたほうが 効果も上がるかな?

 

そう考え ロスミンローヤルの成分について もう少し詳しく調べてみましたので 興味のある方は ご覧になってみて下さい(*^_^*)

 

 

ロスミンローヤルの成分と効能効果記事一覧

ローヤルゼリーの効能効果

ローヤルゼリーは生まれて間もない若い働き蜂が花粉や蜂蜜を食べ、 体内で分解・合成し、上顎と下顎の咽頭腺や大腮腺から分泌する物質です。ミツバチは、卵の段階ではみんな同じメスで孵化しますがローヤルゼリーを与え続けられた幼虫だけが女王蜂へと成長します。成虫になった女王蜂は働き蜂に比べ体の大きさは2〜3倍、...

≫続きを読む

センキュウ末は頭痛に有効です

センキュウ(セリ科)中国 原産セリカの植物センキュウは中国 原産ですが原料には殆ど日本国内で栽培されたものが使用されているそうです。センキュウ末は、センキュウの根茎を湯通しし、乾燥し粉末にしたものです。味は辛く、温性です。アルカロイド、ferulic acid、精油などを含んでいます。高さ30〜60...

≫続きを読む

トウキ末は婦人科系疾患に

トウキセリ科シシウド属の多年草乾燥した根の部分を漢方の生薬として使用します。トウキは 昔から婦人科系疾患によく効くと言われ血行をよくして体をあたため冷え症や月経不順を改善すると言われています。月経を調整する方剤にはみなトウキが配合されているほど月経に関わりが深い生薬だそうです。シャクヤク、ソウジュツ...

≫続きを読む

ソウジュツ末利尿発汗作用

ソウジュツ末は中国原産のキク科の 多年草でホソバオケラまたはシナオケラの根茎を乾燥させたものです。江戸時代、日本の全国各地に移入されましたが、別名「サドオケラ」と呼ばれ新潟県佐渡市( 佐渡ケ島 )で栽培が続けられてきました。標高数百mの日当たりの よい低い山地の南向き斜面や日当たりのよい乾燥気味な丘...

≫続きを読む

タクシャ末水分代謝を調整

生薬名:沢瀉 ヨミ:タクシャ オモダカ科サジオモダカ科生薬には、乾燥させた根茎を用います。池や川辺などの水湿地を好んで生える多年草で北海道、本州北部の水辺・湿地に自生していて日本を含むアジア、南北アメリカ大陸と広範囲に分布、クアイのように食用にされるものもあります。生薬には、ほとんどが輸入ものが使用...

≫続きを読む

ニンジン末滋養強壮

ウコギ科チョウセンニンジンの根を乾燥・粉末にしたものを生薬に使用します。原産地は中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域といわれ、中国東北部やロシア沿海州にかけて自生。見た目が人の形に似ている所からニンジンと呼ばれるようになったそうで普通の人参とは全く別の種類です。草丈60cmほどの多年草で 葉は長い柄...

≫続きを読む

半夏末は吐き気を抑える効果があります

半夏はサトイモ科カラスビシャクの球茎の外皮を除いて乾燥したもの。山地の道端や畑地に自生するサトイモ科の多年草で4〜5月頃に長さ10〜20cmほどの3枚の小葉からなる葉を1〜3枚出します。一見食虫植物のように見え 少し不気味な姿かたちをしています。半夏の名前の由来は夏の半ばに花が咲く頃に採取することか...

≫続きを読む

ブクリョウ末は利尿作用があり身体の代謝を良くします。

ブクリョウは東アジア、北米に分布するサルノコシカケ科のキノコ。木材腐朽菌の一種で伐採後4〜5年たったアカマツやクロマツの切り株の根に寄生し丸みのある塊状をしています。生薬としてはマツホド菌の菌核を乾燥し外側の皮を取り除いたものを使用します。主に中国の安徽、湖北、河南、雲南省で生産されていますが他に四...

≫続きを読む

シャクヤク末はおもに補血・鎮痛薬として用いられています。

シャクヤク末はシャクヤクの根を乾燥させたものです。シャクヤクは北朝鮮、中国東北部、シベリアの東部にかけて自生する草丈60cm位のボタン科の多年草で 初夏になると、紅や白色などのボタンに似たきれいな花を咲かせます。国内での薬用の栽培は、奈良県や北海道、長野県などでわずかに行われているそうです。日本では...

≫続きを読む

アスコルビン酸は美しいお肌作りには欠かせない成分

アスコルビン酸とは皆さんもよくご存知のビタミンCの事ですね。優れた抗酸化力で様々なストレスから私たちの身体を守ってくれます。お肌の元コラーゲンの生成にも重要な役割を果しています。コラーゲンで出来た細胞と細胞をくっつける助けもしているのできめ細かなお肌にはなくてはならない成分です。美肌の為になくてはな...

≫続きを読む

カルニチン塩化物で脂肪燃焼を促進

カルニチンは身体の代謝に欠かせない成分で脂肪燃焼を促進させることからダイエットサプリに使用されることが多い成分です。また肌のターンオーバーを促し シミへの効果も期待される成分で心臓疾患、糖尿病、腎臓病、男性の生殖能力などの治療にも使われているんだそうです。カルニチンと高齢者カルニチンは羊や牛肉の赤み...

≫続きを読む

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換皮膚粘膜の健康維持に

ビタミンB1は、水溶性のビタミンで、チアミンとも呼ばれるビタミンB群の一種です。糖質をエネルギーにかえる働きと皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。また糖質は脳の唯一のエネルギー源ですが、ビタミンB1が不足すると脳に充分なエネルギーを供給できなくなり脳神経系の正常な働きにも影響が出ます。 ビタミ...

≫続きを読む

L-システインは出来てしまった過剰なメラニンを排出

L−システインはメチオニンという必須アミノ酸の一つから作られ、肝臓の解毒作用や皮膚の角質層・毛髪・爪などに多く存在しています。体の代謝に係る酵素に無くてはならない成分ですが日常の食事から多量に摂取するのが難しく不足しがちですのでサプリメントなどからでもきちんと 摂取するようにしたほうが良いそうです。...

≫続きを読む

シアノコバラミンは細胞が分裂するときに不可欠な補酵素

シアノコバラミンはビタミンB12とも呼ばれる水溶性のビタミンシアノコバラミン・ビタミンB12はもともとビタミンB12が不足することでおこる貧血を改善するための成分として製剤化されました。シアノコバラミン(ビタミンB12)の働きシアノコバラミン(ビタミンB12)は葉酸と協力し、赤血球をつくる働きを助け...

≫続きを読む

ビタミンB2(リボフラビン)は発育のビタミン・脂肪

ビタミンB2(リボフラビン)は「発育のビタミン」「脂肪燃焼ビタミン」とも呼ばれ成長を促進、脂質をはじめ糖質、たんぱく質を分解しエネルギーに変える補酵素の働きをします。脂質の摂取が多く活発に活動し、エネルギーをたくさん消費する人ほどビタミンB2はたくさん必要になります。赤血球の形成、抗体の生産など体全...

≫続きを読む

ビタミンEは強い抗酸化作用 を持つビタミンのひとつ

ビタミンEは強い抗酸化作用 を持つビタミンのひとつで、活性酸素の害から体を守り老化や生活習慣病の予防効果が期待されている栄養素です。更年期症状の改善に病院でもビタミンE製剤が処方され食品の酸化を防ぐのにもよく使用されていますね!ビタミンEは大きくトコフェロールとトコトリエノールに分けられ、それぞれα...

≫続きを読む

ニコチン酸アミドはさまざまな酸化還元反応を幅広く助ける補酵素

ニコチン酸アミドとは、ビタミンB3ともいわれ水溶性ビタミンでビタミンB1、ビタミンB2とともにビタミンB群の一つです。この他、ナイアシンアミドもしくはニコチン酸アミドとも呼ばれ体内でさまざまな酸化還元反応を幅広く助ける補酵素として働いています。ニコチン酸アミドは、糖質や脂質をエネルギーに変えたり毛細...

≫続きを読む

パントテン酸カルシウムは皮膚を正常にたもつ働きをします

パントテン酸カルシウムはビタミンの一種でビタミンB5とも呼ばれ糖分や脂質、たん白質などの代謝にかかわる大切な成分で皮膚を正常にたもつ働きをします。パテント酸カルシウムの働き副腎皮質ホルモンの分泌を促すストレスに対する抵抗力の強化主に糖の代謝や脂肪酸の代謝による肥満予防、善玉コレステロールの生成を促す...

≫続きを読む

ピリドキシン塩酸塩はビタミンB6欠乏症、代謝障害による諸症状を改善

ピリドキシン塩酸塩は体内でビタミンB6の補酵素型になり、ビタミンB6欠乏症、代謝障害による諸症状を改善する働きがあります。ビタミンB6は新陳代謝を円滑にするために欠くことのできない栄養素でたん白質の代謝や脂質の代謝にかかわるビタミンです。皮膚の抵抗力に関係があり免疫機能を正常に維持し抗アレルギー作用...

≫続きを読む

DL-メチオニンは肝機能の維持に重要な役割をしています。

アアミノ酸の分類がDL型と呼ばれるメチオニンです。体内で生成することができないので、食品から摂取しなければならない必須アミノ酸の一つです。ウニの持つ独特の味はメチオニンによるものと言われ分子内に硫黄が含まれる含硫アミノ酸です。DL-メチオニンの効能肝機能を高める効果アレルギー症状の緩和うつ症状を改善...

≫続きを読む

安息香酸ナトリウムカフェイン眠気、倦怠感、片頭痛に

効能・効果安息香酸ナトリウムカフェイン は普通は、眠気、倦怠感、片頭痛に用いられます。中枢神経興奮作用と頭痛緩解作用があり、眠気を抑え脳血管収縮により脳血流量を減少させて頭痛を緩和します。服用量通常、成人は1回100mg〜600mgを1日2〜3回服用します。副作用副作用として、大量服用時に、振せん(...

≫続きを読む

グリチル酸アンモニウムは強い抗炎症作用を持ちます

グリチルリチン酸アンモニウムは、漢方の生薬として知られる甘草のことで読んで字のごとく エキスは強い甘みがあります。他の薬の薬性を調和させ、薬効が過剰にならないように緩和させ、副作用の軽減を図る目的や、薬を飲みやすい味に調整するのにも使用されるそうです。グリチル酸アンモニウムの効能・効果グリチルリチン...

≫続きを読む