更年期、特に注意したい症状

注意しておきたい症状と障害

更年期に入ると生活習慣病、悪性腫瘍が全身の
臓器に発症する危険も高くなるそうです。

 

女性ホルモンの減少は思った以上に身体に多大な
影響を及ぼすようです。

 

老後の生活の質を低下させない為に 注意しておきたいこと
更年期保健教材からの引用ですが紹介します。

 

脳の加齢変化

女性ホルモンの減少は脳の細胞の機能や血流量にも
変化を及ぼし、記憶力・認知機能(理解力)にも関わりを
持っている事が明らかになってきたそうです。

 

40歳代後半くらいから物忘れが多くなり、機械類の操作など
面倒に感じるようになりましたが それも女性ホルモンの減少が
影響しているようです。

 

こういった症状は殆どが正常の範囲内だそうですが
日常生活に支障をきたすような場合は アルツハイマー病の
初期症状の場合もあるそうです。

 

認知症にならないために

 

規則正しい生活

規則正しい生活とバランスの取れた食事を心がけましょう。

 

適度な運動

手足を動かし身体や脳を活性化させましょう。

 

積極的に人とふれあいましょう

人と積極的にふれあい会話や感動を表現しましょう。

 

生きがいになるものを見つける

社会活動、趣味のサークルなど積極的に参加しましょう。

 

 

動脈硬化

女性ホルモンは血液中の悪玉コレステロールを低く抑え、
善玉コレステロールを増加させたり血管壁を柔らかくして
血管を若々しく保つ働きをしています。

 

閉経後はこうした働きが失われ高脂血症や動脈硬化が
起こりやすい状況になってしまいます。

 

老年期になると狭心症、心筋梗塞、脳血管障害などの
心血管性の病気にかかりやすくなります。

 

動脈硬化の予防には

 

定期健診

年に1,2度の定期的な健康診査を受け審査の結果により
問題がある場合は具体的な改善策を実行します。

 

禁煙・飲酒は控えめに

喫煙は動脈硬化を促進しますので禁煙し
過度の飲酒は控えます。

 

肥満を防ぐ

栄養のバランスに注意し肥満を防ぎましょう。

 

ストレスを溜めない

ストレスは血管を緊張させ血流を悪くしますので
上手にストレスを解消するようにしましょう。

 

50代60代の閉経女性の約半数は高コレステロール血症
だということです。

 

バランスの良い食事と適度な運動を心がけたいですね!

 

骨粗鬆症

女性ホルモンは骨の形成と吸収のバランスに重要な
役割を果たしています。

 

更年期になり閉経により女性ホルモンが減少してしまうと
そのバランスが崩れ 骨の形成が吸収に追いつかなくなり
カルシウムやリンが抜けてしまいスカスカの状態になってしまいます。

 

それがいつの間にか骨折の原因になっているそうですので
自分の骨の状態を一度確認しておきたいですね!

 

骨粗鬆症の予防

 

骨量測定

産婦人科や整形外科を受診し骨密度の測定をし
積極的に予防に取り組みましょう。

 

カルシウム、ビタミンDの補給

カルシウム、ビタミンDの多い食品を積極的に
摂るようにしたいですね。
夜、寝る30分ほど前に牛乳を飲むと骨密度が
改善したと言う方がいらっしゃいました。

 

ウオーキングなどの軽い運動

適度な運動をして筋肉をつけておくと骨の発育も
良くなるそうです。
目標は1日20分、週2・3回軽く汗をかく程度の
運動がおすすめだそうです。

 

尿失禁

女性ホルモンの減少で尿道口付近や骨盤の底の括約筋が
弱くなり尿意を我慢できなくなることがあります。

 

くしゃみをしたりお腹に力を入れたりした時に あれ?ということが
あったりトイレに間に合わなくなったり・・・。

 

尿の回数がとても多かったりする場合は子宮や卵巣に
腫瘍がある場合もあるそうですので 頻尿が酷い方は
早めに医師の診断を受けるようにとのことです。

 

尿失禁を防ぐ方法

 

背筋、腹筋トレーニング

仰向けになり 肩と足で身体を持ち上げる。
自分で出来る範囲で仰向けで前方に起き上がる運動を
すると良いようです。

 

肛門と膣の引き締め運動

立ったり、座ったり、仰向けになって膝を立てた状態で
肛門と膣をしめて5つ数え、この動作を繰り返します。

 

いつでも気がついた時にやってみると良いですね!

更年期、特に注意したい症状関連ページ

生理不順・不正出血は血行を良くするロスミンローヤル
更年期に入ると、卵巣機能の低下により月経周期に乱れが現われ生理不順や不正出血 などがみられます。生理不順・不正出血は血行を良くするロスミンローヤルがおすすめ.
ホットフラッシュの原因と症状
ホットフラッシュは更年期のホルモンバランスの乱れによる自律神経失調症の症状です。辛い更年期症状、ロスミンローヤルで血行を良くすることで症状の軽減が期待できます。
男性の更年期の症状は!?
男性の更年期障害は加齢やストレスによる男性ホルモンの低下が発症に大きく関わっています。男性の更年期障害は女性の更年期障害と同じく40代から50代前半にかけて発症することが多いようです。
いつの間にか骨折|骨粗鬆症
テレビで桃井かおりさんがやってますね!いつの間にか骨折CM、更年期症状のひとつと言うか血行が悪いと、骨のターンオーバーもスムーズに行かなくなり、骨密度が低くなってしまうそうです。
更年期うつ症状
更年期うつなぜか分からず気分が落ち込み やる気が起きず 自己嫌悪に陥ったり、ちょっとしたことでくよくよ悩んでしまったりしませんか?