花弁状色素沈着(花弁状色素班)花弁状の色素沈着

花弁状色素沈

日焼け

花弁状色素沈着は紫外線が肌表面だけでなく真皮層まで届くような酷い日焼けをした場合、炎症が治まり 皮が向けてしまったあとに

 

肌が紫外線から肌を守ろうとメラニン色素を作り出し花弁状の色素沈着を起こしてしまいます。

 

日焼けしやすい肩の部分や背中に出ることが多いシミで紫外線予防を行わず、強い紫外線にあたり炎症を起こすと出来やすいシミです。

花弁状色素沈着の特長

色白のソバカスができやすい人に発生しやすく
普段から紫外線を浴びる機会がない人に出来やすいシミです。

 

数ミリ〜1cmほどの薄い褐色〜褐色のシミが、
花びらのような形で発生します。

 

花弁状の色素沈着を予防するには?

強い紫外線を浴びる時は、日焼け止めクリームを塗る。
強い日焼けをした後に皮膚を冷水で10分ほど冷やす
などの適切な処置をすることで、症状を抑制することが
できます。

 

あまりにも日焼けがひどい場合は火傷を負ったのと
同じ事ですので病院での治療をおすすめします。

 

全身に強い日焼けを負っていしまうと免疫が大きく
低下し皮膚の回復力が極端に低下してしまうことが
あります。

 

ビタミンCのサプリメントなど多めに摂って下さい。

 

光線性花弁状色素班のお手入れ

美白化粧品とロスミンローヤルなどのシミ薬の服用で
薄くすることも出来ます。

 

ピーリング等では肌のターンオーバーを促すお手入れ
を併せてすると効果的です。

 

ダメージが皮膚の深部まで及んでいる場合は
家庭でのお手入れだけでは消すことは難しいです。

 

美容皮膚科でのレーザー治療が有効ですが
消してしまうには時間がかかります。