線維芽細胞を増やすコラーゲン サプリ

線維芽細胞を増やしてコラーゲンを増やそう

これまでコラーゲンを摂っても コラーゲンを生み出すタンパク質は
アミノ酸として分解されるので肌のコラーゲンになるわけではないので
コラーゲンを飲んでも効果は無いと言われてきました。

 

コラーゲン

 

ところが経口摂取したコラーゲンがお肌のコラーゲンにならないのは
事実なのですが 最近の研究でコラーゲンを摂ることで お肌の
コラーゲンが増加することが分かってきました。

 

コラーゲンを生成する繊維芽細胞

 

皮膚はヒアルロン酸やエラスチンなどの成分で作られていますが
これらの肌の組織や成分をまとめているのがコラーゲンです。

 

コラーゲン

 

健康な身体、若々しいお肌になくてはならないコラーゲン
ですが このコラーゲンとヒアルロン酸、エラスチンなどの成分を
生成しているのが繊維芽細胞です。

 

線維芽細胞の機能は年齢と共に衰えコラーゲンを生成する
力も衰えていきます。

 

線維芽細胞が活性化する条件

 

成長ホルモン

 

赤ちゃんの頃の繊維芽細胞は、成長ホルモンの刺激でを
受け コラーゲンをどんどん生成し 身体を成長させます。

 

コラーゲン

 

成長ホルモンの分泌は 赤ちゃんの時がもっとも大きく 
20台近くまで盛んに分泌されます。

 

それ以降少しずつ分泌量が減って行き それとともに 
線維芽細胞の機能も低下していきます。

 

古くなった組織の代謝

 

コラーゲンは年月が経つと劣化し 柔軟性を失っていき
皮膚組織などの コラーゲンは ターンオーバーとともに
徐々に角層に押し上げられ角質として 排出されていきます。

 

また体の中や肌内部の古くなった コラーゲン組織は、
たんぱく質分解酵素で 分解され体外に排出されます。

 

そして排出された分のコラーゲンが線維芽細胞で
生成されコラーゲンの新陳代謝が行われています。

 

怪我やけどなど 身体組織の損傷

 

傷ついた皮膚は白血球や血小板が集まり皮膚の修復作業が
始まりかさぶたができ 細胞の補修のために繊維芽細胞などの
組織が活性化します。

 

この時 壊れた コラーゲン組織が血中に取り込まれると、
繊維芽細胞は損傷を認識しコラーゲンの生成を活性化し 
同時に ヒアルロン酸などの生成も活性化します。

 

損傷や代謝などで破壊されたコラーゲンが血中に取り
込まれることが、皮膚組織などの生成の基準になって
いるということがわかりました。

 

コラーゲンの経口摂取でコラーゲンが増える仕組み

 

現在 コラーゲンの消化吸収などの研究が進んだ結果 コラーゲンを
経口摂取することで 血中のアミノ酸量が増えコラーゲンを生成する
線維芽細胞の活性を上げることが分かってきました。

 

コラーゲンを作るアミノ酸 コラーゲンは18種のアミノ酸が
複雑に絡みあった 繊維状のタンパク質です。

 

そのアミノ酸の中にヒドロキシプロリンと言う特殊なアミノ酸があり
ヒドロキシプロリンは、プロリンというアミノ酸が水酸化したアミノ酸で、
このアミノ酸は コラーゲンにのみ 存在する 特殊なアミノ酸です。

 

コラーゲンを経口摂取した場合に 血中に現れるアミノ酸について
調査がおこなわれその結果、コラーゲンを経口摂取すると、経口摂取後
30分程から血中のヒドロキシプロリンが増加をはじめることがわかりました。

 

また、そのヒドロキシプロリンは、他の数種類のアミノ酸が結合した
ジペプチド の状態で血中に取り込まれていることが確認されました。

 

コラーゲンの経口摂取の効果

 

サプリメントなどで、大量のコラーゲンを経口摂取すると 腸管から
吸収されたコラーゲンの特徴を持つ アミノ酸ヒドロキシプロリンが
通常の食事の摂取では 見られない量 血中に現れます。

 

コラーゲン分解物である、ヒドロキシプロリンが 血中に大量に
生じることにより、繊維芽細胞は、身体のコラーゲンが破損
または代謝により血中のコラーゲン濃度が上昇したものと錯覚し
修復作業のために活性化します。

 

若い人にはあまり効果がありません

 

最初から成長ホルモン等により、成長や新陳代謝が活発
ですので、血中のコラーゲン量が多少増ても線維芽細胞の
働きはあまり変わりません。

 

継続して摂取する

 

コラーゲン由来のアミノ酸量は、経口摂取後 30分程度で
血中濃度が最高値になり、その後 数時間で 通常の状態に
戻ります。

 

栄養としてのアミノ酸は、他のたんぱく質と同様で、コラーゲンの
生成には直接関わりません。

 

線維芽細胞を活性化させる効果は コラーゲン由来のアミノ酸が
血中に現れる数時間に限った間の現象であると考えられています。

 

ある程度の量、摂取する

 

少量のコラーゲン摂取の場合 通常の食事や新陳代謝で
もともと血中に存在するコラーゲン由来のアミノ酸量と濃度が
あまり変わらないと 線維芽細胞の活性化には効果がありません。

 

線維芽細胞を活性化させコラーゲンを増やすには毎日、
5,000mg〜10,000mgを摂取する必要があります。

 

コラーゲンの生成に必要なビタミンCも併せて摂取するように
すると 一層効果的です。