洗顔石鹸の選び方と洗顔の役割

洗顔の目的は余分な皮脂汚れを落とすこと

顔は衣服に覆われた体と違い、メイクだけでなく
空気中のホコリや汚れ、煙草の煙などに一日中
さらされていますよね。

 

洗顔

 

更に肌の代謝で分泌される汗や皮脂、古い角質など
これらの汚れを放っておくと雑菌が繁殖し、皮脂は酸化
して過酸化脂質に変化し肌を刺激して肌荒れの原因に
なってしまいます。

 

メイク、化粧品などを使用していなくても、肌は汚れて
いますので朝晩ちゃんと洗顔をして不要な汚れを落とす
必要があります

 

最近はW洗顔の必要がないクレンジングが人気のようで
すがメイク汚れと皮脂汚れ、その他の汚れをクレンジング
だけで一度に落とそうとするのはかえって肌に負担が掛
かってしまいます。

 

肌に良い洗顔石鹸の選び方

洗顔は汚れを落とすものなのですが、最近は保湿効果、
美白効果を謳った洗顔料も販売されていますね。

 

ですが洗顔は洗い流すものですので結局は水で
洗い流されてしまいますので余り意味はないそうです。

 

洗いあがりがしっとりするタイプは肌に油膜をはり
あとで使う化粧品の浸透を妨げてしまいます。

 

洗顔石鹸は汚れをしっかり落とすことを第一に
余計なものが入っていないものを選びましょう。

 

洗顔石鹸の種類と特徴

 

固形石鹸

汚れがしっかり落ち余分な油が余り配合されていないので
一番のおすすめです。

 

脂肌の人は牛乳石鹸等の浴用石鹸でも大丈夫
なんだそうです。アトピーの方にもにんきがありますよね^^

 

洗顔フォーム

ドラッグストアやスーパーでよく見かけるタイプですね!
洗浄力は製品により様々です。

 

使いやすくお値段も手頃なものが多いですね、洗いあがり
しっとりタイプは油分が30〜40%も含まれていて、肌には
かえってよくないです。

 

パウダータイプ

酵素洗顔などはこのタイプが多いですね、
皮脂と蛋白が混ざり合った角栓を落とすには
このタイプを週2.・3度使用すると良いです。

 

泡タイプ

ノズルを押すと泡が出て来るタイプ、とっても便利ですが
強い界面活性剤を使用しているものもありますので
成分表をよく確かめて下さい。

 

中には発泡剤まで配合されている製品もありますので
肌の弱い方は要注意です。

 

泡立たないタイプ

ジエル状で泡立たず軽くマッサージして洗い流す
タイプの洗顔料ですが、お肌にはやさしいのですが
汚れ落ちが悪いので、肌荒れが酷く肌が沁みるとき
以外はおすすめできません。

 

ということで一番のおすすめは固形石鹸です。
オイリー肌なら牛乳石鹸でも大丈夫、アトピーには
牛乳石鹸の赤箱がよいといいます。

 

固形石鹸での洗顔方法

 

洗顔の前に、手と顔をぬるま湯ですすいでおきます

手が汚れていると石鹸の泡立ちが悪いので洗顔の前に
よく洗っておきます。

 

石鹸をよく泡立てる

上手に泡立てるには泡たてネットを使うのが
おすすめです。

 

泡立て方のポイントは 泡たてネットと石鹸をさっと水に
くぐらせ泡たて、石鹸を泡たてネットにこすりつけたあと
石鹸を取り出し 細かな泡が立つまでネットをこすります。

 

まずはTゾーンから泡を乗せていく

皮脂の多いおでこ、鼻の部分に最初に泡をのせ
やさしくくるくるなじませます。

 

ほほ、Uゾーンに泡を広げ最後に目元や口元へと
泡をのせやさしくなじませます。

 

この時強くこすったりしないように泡を抑える
ように肌になじませます。

 

ぬるま湯で十分すすぐ

人肌程度のぬるま湯で、十分すぎるくらいすすいで下さい。
特にこめかみや髪の生え際、フェィスラインは洗い残し
し易いので泡を残さないようにしっかりすすぎます。

 

洗顔が済んだらタオルで 軽く押さえ水分を拭き取り すぐに
潤い成分が配合された 化粧水または美容液をつけるように
しましょう。

 

※泡たてネットに石鹸を付け過ぎないように水分を適度に加えると少ない量でしっかり泡立ちます。
洗顔の後は潤い成分の入った化粧水でしっかり保湿ケアしましょう。

 

洗顔石鹸の選び方と洗顔の役割関連ページ

クレンジングの正しい選び方と使用法
水で洗っても落ちない油性のメイクは落とすのにどうしてもクレンジングが必要になって 来ます。間違ったクレンジング選びと使用法がシミ・シワの原因になってしまうことも、 クレンジングの選び方と使用法を紹介。
化粧水の役割と選び方ビタミンC誘導体入がおすすめ
洗顔の後化粧水で保湿と考えがちですが化粧水に潤い効果は余り期待できないそう です。化粧水に効果を求めたい方は必要な美肌効果のある化粧水選びが大切なんだ そうです.
シミ・シワ・アンチエイジングにおすすめの美容液は?
美容液はシミ・しわケアにおすすめの保湿成分はじめ様々な有効成分が豊富に含まれています。目的にあった有効成分の配合された美容液を選ぶのがポイントです。
乳液とクリームは40代からの保湿ケアに
スキンケアの仕上げに乳液とクリームで油分を補うことで乾燥を防ぎお肌を柔らかく保つ事ができます。
ピーリング化粧品はお肌のターン・オーバーを促す効果があります
ピーリングは、肌の老化により遅くなったターンオーバーを促し表皮の色素沈着を排出させる美白作用があります。シミケアにピーリング化粧品で週1.2度のお手入れがおすすめ!
ロスミンローヤルとシミ取りクリーム
ロスミンローヤルは飲んで体の内側からシミ・シワに効くお薬ですが、シミのお手入れは シミ取りクリーム美白化粧品でのお手入れも少なからず効果があります。シミケアには 相乗効果が期待できると思います^^
シワたるみに効く化粧品でコラーゲンを増やすお手入れ
シワたるみに効く化粧品、シワ、乾燥で出来るちりめんシワは保湿で消えますが保湿しても消えないシワたるみはお肌のコラーゲン不足、肌のコラーゲンを増やすケアが大切です。
パウダーファンデーションで紫外線対策
パウダーファンデーションには紫外線対策に効果あり!UVクリームより肌に負担がかからないので日常使うのにはおすすめです。
日焼け止めspfと paの意味ご存じですか
日焼止めspfとpaの意味と紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤、日焼止めの選び方と正しい使用法
ラウディBB&CCクリームシミ・シワが気になるかたに
ウディBB&CCクリームはシミ・シワが気になる方に好評です!薄付きだけど気になるお肌の欠点を自然にカヴァーしてくれます。