クレンジングの正しい選び方と使用法

メイクをしたらクレンジングが必要なわけ

お肌のお手入れの基礎はメイクや皮脂汚れをきちんと落とすこと!
いくらロスミンローヤルを服用していても 間違ったお手入れを
続けているとシミ・シワを改善するのは難しいかも!?

 

クレンジングで落とすのは油性のメイクアップ料、メイクをした日は
クレンジングでしっかり汚れを落とす必要があります。

 

ロスミンローヤル

 

ですがメイク落ちの良いクレンジングはそれだけお肌への負担が
大きいそうなんです。

 

最近は石鹸だけで落とせるメイクアップ料、お肌にやさしいクレンジング剤も
沢山発売されていますので 出来るだけ肌にやさしいクレンジングを選びたいですね!

 

クレンジング化粧品とは

 

クレンジング化粧品は洗顔の前に油性のメイクアップ料を落とす
洗顔剤です。

 

洗顔

 

クレンジング化粧品は何でできているの?

油分

油性のメイクアップ料を浮き上がらせるためには油分が必要です。

 

界面活性剤

油分で浮き上がらせた汚れを水で洗い流すためには油分と
水をなじませるのに界面活性剤が必要です。

 

クレンジングの種類

クレンジングはオイルタイプ、クリームタイプと幾つか種類がありますが
その形状により刺激の強さが変わってきます。

 

最近はジェルタイプ、クリームタイプのクレンジングなどに
温熱効果のある成分を配合しオイル量、界面活性剤の
配合を控えたクレンジング料も発売されています。

 

クレンジングを選ぶ基準は自分のメイクの濃さに合わせて
使い分けるのがおすすめです。

 

ミルクタイプのクレンジング

肌にやさしい反面、水分が多いのでメイクオフ力は
イマイチ、薄化粧の人むきです。

 

クリームタイプのクレンジング

適度な油分を含みメイクオフ力もそこそこあり肌へも
やさしいです。
メーカーにより多少差はあるようです。

 

ジェルタイプのクレンジング

透明のジエルタイプのクレンジングは乳化していないため
界面活性剤の量が多く肌への負担も大きいようです。
クリームのような乳白色のものなら大丈夫です。

 

オイルタイプ

アイメイクもサラッと簡単に落とせるので人気ですがその分
肌へのダメージも大きく常用していると 肌荒れを起こし
シミ・シワの原因になることも・・・。

 

濃いメイクをした日にだけ使用するようにしましょう。

 

シートタイプ

疲れている時や洗顔が出来ない状況の時はとても便利なのですが
油分で浮き上がらせるプロセスを省き界面活性剤だけでメイクを
落とすものです。

 

肌へのダメージが大きく、拭きとる時に肌が傷つきやすいので
使用しないほうが良いです。

 

あのIKKOUさんもテレビで絶対NGとおっしゃっていました。

 

クレンジングの正しい使用法

 

クレンジング料はどうしても肌に負担がかかりますクレンジングは
すすぎの時間も合わせて約1分で終わらせるのが良いです。

 

クレンジングの手順

 

適量のクレンジングを手に取ります。

 

まず最初にクレンジングの適量の半分を手のひらに取ります。

 

クレンジングをTゾーンからのせていきます

比較的肌の強い部分Tゾーンからクレンジングをのせ指の腹で
メイクアップ料と馴染ませていきます。

 

次はUゾーン

手のひらに残りの分のクレンジングを取りUゾーンに伸ばし
やさしくメイクアップ料と馴染ませます。

 

最後に目元や口元に馴染ませます

一番皮膚が弱くて敏感な目元と口元はとにかくやさしく
メイクアップ料と馴染ませます。

 

唇の下の小鼻周りは汚れが残りやすいので指先でくるくる
丁寧に馴染ませます。

 

ぬるま湯で手早く洗い流します

ぬるま湯で手早く洗い流して行きます。

 

多少ベタ付きがあっても続けて洗顔料で洗えば
綺麗に落ちます。

 

 

ポイントメイク落とし

ウオータープルーフ、ロングラスティングなど落ちにくい
ポイントメイクは専用のリムーバーで落とします。

 

マスカラはメーカーによってフィルム、ワックス、シリコン樹脂で
固めるなど作り方が異なりますので専用リムーバーを使うのが
おすすめです。

 

目元口元に1分間コットン湿布

コットンを3枚用意し専用リムーバーを裏に少し沁みる
くらい含ませ両目と口元にのせフィットさせて約1分置き
メイクを浮き上がらせます。

 

やさしく汚れを拭い取ります

1分たったらコットンをゆっくり動かしメイクを拭い取ります。

 

この時決して擦らないようにし、メイクが少し残っていても
洗顔で落ちますので気にせず洗顔に進みます。

 

敏感肌、肌荒れしやすい方はドラッグストアで売られている精製オリーブオイルでポイントメイク落としをすると肌にやさしく落とすここが出来ます。界面活性剤が入っていないのでおすすめですよ!

 

クレンジングの後は石鹸でのW洗顔がおすすめです>>

クレンジングの正しい選び方と使用法関連ページ

洗顔石鹸の選び方と洗顔の役割
クレンジング落としきれない汚れを洗顔石鹸で落とします。メイクをした日はクレンジング と洗顔が必要です。洗顔石鹸の選び方と正しい洗顔の仕方を紹介しています。
化粧水の役割と選び方ビタミンC誘導体入がおすすめ
洗顔の後化粧水で保湿と考えがちですが化粧水に潤い効果は余り期待できないそう です。化粧水に効果を求めたい方は必要な美肌効果のある化粧水選びが大切なんだ そうです.
シミ・シワ・アンチエイジングにおすすめの美容液は?
美容液はシミ・しわケアにおすすめの保湿成分はじめ様々な有効成分が豊富に含まれています。目的にあった有効成分の配合された美容液を選ぶのがポイントです。
乳液とクリームは40代からの保湿ケアに
スキンケアの仕上げに乳液とクリームで油分を補うことで乾燥を防ぎお肌を柔らかく保つ事ができます。
ピーリング化粧品はお肌のターン・オーバーを促す効果があります
ピーリングは、肌の老化により遅くなったターンオーバーを促し表皮の色素沈着を排出させる美白作用があります。シミケアにピーリング化粧品で週1.2度のお手入れがおすすめ!
ロスミンローヤルとシミ取りクリーム
ロスミンローヤルは飲んで体の内側からシミ・シワに効くお薬ですが、シミのお手入れは シミ取りクリーム美白化粧品でのお手入れも少なからず効果があります。シミケアには 相乗効果が期待できると思います^^
シワたるみに効く化粧品でコラーゲンを増やすお手入れ
シワたるみに効く化粧品、シワ、乾燥で出来るちりめんシワは保湿で消えますが保湿しても消えないシワたるみはお肌のコラーゲン不足、肌のコラーゲンを増やすケアが大切です。
パウダーファンデーションで紫外線対策
パウダーファンデーションには紫外線対策に効果あり!UVクリームより肌に負担がかからないので日常使うのにはおすすめです。
日焼け止めspfと paの意味ご存じですか
日焼止めspfとpaの意味と紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤、日焼止めの選び方と正しい使用法
ラウディBB&CCクリームシミ・シワが気になるかたに
ウディBB&CCクリームはシミ・シワが気になる方に好評です!薄付きだけど気になるお肌の欠点を自然にカヴァーしてくれます。