ロスミンローヤルは肝斑にも効果があるの!?

肝斑の原因と予防法

肝斑の原因

女性ホルモンの乱れやストレス

 

肝斑は女性ホルモンの乱れやストレスなどで
気と血流の流れが悪くなるといった体の内側からの内的要因が
原因らしく、肝斑が発生しやすいのは30代〜40代の女性で、
症状が見られるのはだいたい50歳代後半までだそうです。。

 

炎症性色素沈着

その後、肝斑は閉経とともに薄くなったり、
消えたりする傾向にあるといわれています。

 

肝斑の原因としてもうひとつ考えられるのが
炎症性色素沈着肌の摩擦による炎症です。
マッサージや洗顔の際、皮膚を強くこすっていませんか!?

 

肝斑の特徴


点々と丸く出来るシミは肝斑ではありません、
刷毛でさっと掃いたようなぺたっとしたシミで左右対称に
出来ることが多いです。鼻の下や額に出来ることもあります。

 

肝斑の特徴

30代後半から50代になって急に出来た
頬骨の出た部分に左右対称に出来ている
刷毛で掃いたような形のべったとした広いシミ
茶色や灰色の薄い色で夏に少し濃くなる気がする
妊娠中又はピルを服用中、又は更年期になって出来た
生理中に濃くなることがある

 

肝斑の予防法

規則正しい生活とバランスのよい食事を心がけ
女性ホルモンのバランスに気をつけるようにします。

 

肝斑はストレスでのホルモンの乱れでも濃くなったりするようですので
上手なストレス解消法をみつけストレスを溜め込まないようにしましょう。

 

予防には血行を良くしホルモン分泌を整える効果のある
ロスミンローヤルなどの女性用保健薬がおすすめです。

 

肝斑のケア、治療法

肝斑にはレーザー治療は不向きでかえって症状を
悪化させたりすることがあるそうです。

 

内服薬

肝斑はビタミンCとEそしてトラネキサム酸、Lシステインの
服用で改善します。

 

只、トラネキサム酸は元々が止血剤なので動脈硬化で
血栓ができやすい人は使えません。

 

美容皮膚科も併設している評判のいい皮膚科で診療してもらって
まずは御自分のシミの種類を見極めることです。
本人は肝斑と思っていても老人性色素斑の方が大半だそうです。

 

化粧品

肝斑の治療中は紫外線吸収剤の入っていないノンケミカルで
数値が高い高品質の日焼け止めを使用すること。

 

メラニン色素を抑えることで消せることが分かっていますので、
美白化粧品でのお手入れも期待が持てます。

 

洗顔

また洗顔の際はお肌を刺激しないよう
洗顔石鹸での泡洗顔をおすすめします。
お肌に泡をたっぷり乗せて、両手で泡を軽く押さえるようにやさしく洗います。

 

血行不良を改善しホルモンバランスを整え肌に刺激を与えないことが
一番の改善法だそうです。

 

ロスミンローヤルは血行を良くするお薬、
肝斑にも期待が持てそうです。

 

ロスミンローヤルとキミエホワイト、シミトールの成分比較表

 

ロスミンローヤルの成分
を参考にして頂けたら ロスミンローヤルと他のシミ薬の
違いがよくわかりますよ^^