肝斑に効く薬と化粧品

肝斑に効く内服薬

肝斑は女性ホルモンの乱れが大きく影響していると言われ
ホルモンのバランスが乱れてくる30代から40代、更年期の
女性に見られます。

 

また 妊娠中、ピルの使用などでも・・、頬骨を中心に左右
対象に出来ることが多いです。

 

トラネキサム酸

トラネキサム酸は抗炎症・抗アレルギー効果があり
湿疹や蕁麻疹、抗炎症作用、止血剤として
幅広く用いられているお薬です。

 

肝斑はホルモンバランスの乱れによりプラスミンと言う
情報伝達物質が分泌されメラニンを活性化させるのが
一因とも言われているのですが トラネキサム酸は
そのプラスミンの作用を抑える効果があると言われています。

 

Lシステイン

Lシステインは体の代謝を助けるアミノ酸の一種で
皮膚や毛髪、爪などに多く存在する成分です。

 

メラニン色素の生成を抑え、ターンオーバーにより
過剰にできてしまったメラニン色素を肌の外へ排出する
働きをしてくれます。

 

コラーゲンの生成を促す働きもあり肌のハリ、角質を
柔らかくしニキビ予防、肝斑他、肌のトラブル改善に
効果のある成分です。

 

ビタミンC

ビタミンCは優れた抗酸化力で美白効果は勿論、
美肌に欠かせないコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸
などの生成
に欠かせない成分です。

 

肝斑に効く外用薬

ハイドロキノン

別名肌の漂白剤と言われるハイドロキノンは
シミ・そばかすの原因、メラニン色素を作るメラノサイトの
活性を抑えメラニンの生成を抑制、メラニンの数を減らす
効果もあり出来てしまったシミにも効果を発揮してくれます。

 

トレチノイン

トレチノインは強力なターンオーバー作用で表皮のメラニン色素を
排出します。

 

ヒアルロン酸、コラーゲンの生成を促す効果もあり小じわの改善にも
効果を期待できます。

 

mートラネキサム酸

資生堂が開発した新しい美白有効成分で医薬部外品として
厚生労働省に認可されたお薬です。

 

シミ部分の慢性的な微弱炎症に作用しメラノサイトの活性化を
抑制しシミを防ぎます。

 

肝斑に効く薬と副作用

トラネキサム酸内服薬

肝斑のお薬として今話題のトランシーノに配合されているのは
トラネキサム酸、Lシステイン、ビタミンCです。

 

只トラネキサム酸には蕁麻疹、胸焼け、眠気等の副作用
動脈硬化など血栓ができやすい人は服用ができません。

 

お薬なので軽々しいことは言えませんがトラネキサム酸を
肝斑治療に用いるなら外用薬として使用するのが
安全で効果的だということです。

 

ハイドロキノンとトレチノイン

どちらも劇薬、効果がある反面、副作用も
ハイドロキノンは使用法を誤れば白斑の心配もありますし
トレチノインも肌の弱い方には向きません。

 

肝斑にはロスミンローヤルと美白化粧品

ロスミンローヤルはシミしわに効くお薬、肝斑専用の
お薬ではありませんが、血行を良くすることでホルモンバランスの
乱れを改善、シミに効果のあるLシステイン、ビタミンC、ビタミンE配合。

 

肝斑のお手入れにはトラネキサム酸配合の化粧品と
ロスミンローヤルの服用が一番安全で効果的だと言えます。

 

資生堂のHAKU

現在トラネキサム酸配合化粧品でおすすめなのは
資生堂のHAKUメラノフォーカスCRです。

 

haku

 

真皮からのシミ信号を断ち切りメラニン生成をブロック
シミを薄くしていきます。

 

30g入り7,560円から販売されています。

 

他にもシミに効く美白成分が配合された化粧品は
沢山ありますのでご自分のシミに合った美白化粧品と
ロスミンローヤルでシミケアを♪

 

肝斑は他のシミと同様 紫外線で濃くなることがありますので
紫外線対策もしっかりするようにしましょう。