老人性色素班とロスミンローヤル

老人性色素班は若い人にも出来るそうです

老人性色素斑の原因

老人性色素班は別名日光性黒子と呼ばれ
日焼けを繰り返すことによって出来るシミです。

 

老人性色素班

私も右の頬骨のあたりに出来てしまいました。

最初はほんの薄い色のシミだったのですが
更年期になって急に目立ち始めました。

 

紫外線にさらされると 段々と色が濃くなっていくそうです。
老人性色素班は紫外線のダメージが肌の奥に蓄積されて出来たもので
やはり年齢と共に目立ち始めるそうです。

 

私の友人は頬にできたちょっと大きめのシミを皮膚科に行き
液体窒素で焼いて治療したそうです。
跡もなくきれいに消えていました。

 

本人曰く 『老人性色素班と言われたけど、日焼けのシミよ!老人なんて失礼な!』
なんて老人性と言う言葉にショックを受けたのか大変、憤慨していましたが
老人性色素班は日焼けによる皮膚の老化で20代でも出来てしまいます。

 

老人性色素班の特徴

普段ファンデーションを余り塗らない
20歳を過ぎて日焼けをしていた
1cm前後の丸いシミが増えた
指で触れるとほんの少し盛り上がったシミがある

 

老人性色素班、最初は薄い茶色ですが次第に濃くはっきりとしてき、
何年かすると隆起して脂漏性角化症へ発展することがあります。

 

 

老人性色素班予防法

老人性色素班の予防は毎日のUVケア、日焼け止め化粧品と
パウダーファンデーションのW使いでUVケアを徹底させましょう。

 

日焼けしない事が一番の予防法です!
帽子や日傘を併用したり、サングラスやマスクでガード、
ドライブ中の日焼けにも注意が必要です。
出来てしまったシミを消すことは大変困難です。

 

私も老人性色素班が右頬に出来てしまい
半ばあきらめていたのですが ロスミンローヤルと
シミ取り用の美白化粧品で随分薄くなりました。

 

お肌のターンオーバーを促すことで
少しずつ薄くすることが出来ますよ^^

 

まだ初期の段階の老人性色素班ならロスミンローヤルと
美白化粧品でのお手入れはおすすめです^^

 

ですが表面が盛り上がりザラザラして色が濃いシミは
自分で取るのは難しいですので 皮膚科を受診して
取ってもらったほうが簡単かもしれません。

 

まだ薄いシミも放っておくとだんだんと濃くなってしまいますので
早めのお手入れを!