炎症性色素沈着とロスミンローヤル

炎症性色素沈着とロスミンローヤル

炎症性色素沈着ができる理由

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着の原因は肌を強くこする習慣があると刺激により肌に慢性的な炎症が起こってしまいメラニンが沈着して出来るシミです。

 

カミソリでのむだ毛処理で脇の下が黒ずんでしまうことがありますがワキの黒ずみも炎症による色素沈着です。

 

 

またお肌に合わない化粧品でのお手入れ、ニキビ跡、
傷、虫刺されも肌に炎症がおき色素沈着し、その上から
日焼けすると更にシミが濃くなることもあります。

 

よくアトピーの方など、腕の内側やひざの内側が
色素沈着している事がありますね。

 

洗顔

炎症の起きた場所では有害な活性酸素が発生します。実は、メラニン色素には紫外線を防ぐ以外に、活性酸素を還元する働きがあります。

 

そのため、スキンケアで慢性的に炎症が起きていると、皮膚にメラニン色素がたまってシミになってしまうのです。

 

美白化粧品やロスミンローヤルの服用で
お肌のターンオーバーを促すことで消すことの
できるシミです。

 

炎症性色素沈着の特徴

ニキビや傷、虫さされの跡がなかなか治らない
ニキビ肌なので、ファンデーションもつけないでいた
スキンケアの時コットンで拭き取るなど、肌をこすることがある
マッサージの時、肌を強くこする習慣がある
ティッシュで鼻をよくかむ

 

 

炎症性色素沈着は炎症の原因を取り除けば自然と
薄くなっていきますが日焼けにより濃くなったシミはそのまま
残ってしまうこともあります。

 

炎症性色素沈着の種類

 

摩擦黒皮症

入浴の際ナイロンタオルなどの慢性的な摩擦が刺激に
なり頸部、上背部に褐色の色素沈着を起こしてしまいます。

 

治療法

 

ナイロンタオルの使用をやめます。
美白剤、ケミカルピーリングなどが有効です。

 

色素沈着型接触性皮膚炎

化粧品が原因のことが多く、化粧品に含まれる
色素、防腐剤、香料など体質に合わないものが
含まれていると気づかないうちに炎症を起こしていて
色素沈着を起こしてしまうことがあります。

 

治療法

化粧品で痒みや赤みが出たらすぐに使用を中止します

 

炎症性色素沈着の予防法

マッサージの時肌を強くこするなどのお手入れを
している方はすぐにやめましょう。

 

ナイロンタオルで体を洗う習慣がある方は体にも
炎症性色素沈着が起こることが、綿のタオルか素手で
やさしく洗うようにしましょう。

 

ニキビや傷が出来てしまった場合は日焼けしない
ようにパウダーファンデーションを塗り、傷跡にはテープを
貼るなど紫外線対策をします。

 

有効なお手入れ方法

肌に刺激を与えない

炎症で出来たシミは「こすらない」こと。炎症がおさまれば、
皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)とともにシミも薄くなっていきます。
血行を良くし新陳代謝を促すロスミンローヤルは
炎症性色素沈着にもおすすめのお薬。

 

シミの部分はメラニン色素を作る細胞「メラノサイト」が増大して、
紫外線の影響を受けやすくなっています。
紫外線の強い春〜夏よりも、秋〜冬は治療効果が出やすいそうです。

 

泡洗顔と保湿ケア

洗顔

時間は掛かりますがたっぷりの泡洗顔と保湿ケアで炎症性色素沈着は消えていきます。

肌に刺激を与えないことが大切です。

 

洗顔はお肌に優しい泡洗顔がおすすめです お好きな石鹸でやってみてください。

 

ホイップクリームのようなしっかりした泡を立てる事が重要で、手のひらを逆さにしても落ちないくらいの固さが目安です。

 

キメの細かい泡をつくる事で洗浄効果が高まるだけでなく、泡がクッションとなって、摩擦の軽減につながります。
100均などで売っている泡たてネットを使うと簡単に泡たて出来ますよ!

 

泡だけでメイクを落とす洗顔法

【手順】
1.たっぷりの泡を顔に乗せる
2.手は肌に全く触れなくてよい
3手の平を上下に動かし押しつける(ポンピングする)
※顔全体で所用時間の2〜3分程度
4.目尻や小鼻の部分は泡だけで洗いにくいので指でなでるように落とす。
5.ぬるま湯で十分にすすぎ、拭くときもやさしくこすらないようにタオルドライ。
※ポイントメイクなどの落ちにくい汚れは肌に優しい洗い流すタイプのクレンジングで落とします。
6.洗顔の後はセラミド配合の化粧品でしっかりと保湿ケアしましょう。

 

刺激を与えないようにして炎症が治まったらピーリング剤と
美白化粧品でのお手入れとロスミンローヤルの服用でお肌の
ターンオーバーを促す内側からのお手入れが有効です。

 

炎症性色素沈着のお手入れにおすすめの記事一覧

 

 

美白化粧品とは
炎症性色素沈着にはロスミンローヤルの服用と
美白化粧品でのお手入れがおすすめです。

 

クレンジングの選び方と使用法
スキンケアの中でもクレンジングはお肌に最も負担が
かかる工程です。
正しいクレンジングの選び方と使用方法を紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

ロスミンローヤル通販口コミHome